スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第70回 束の間の休息 第12週『消息』(6月23日放送)

【おひさま 第70回あらすじ】

陽子は杏子と千津子を学校が休みの間だけでも家で面倒を見たいと校長に申し出る。
梅田校長も東京にいた弟を亡くしたそうだと後で夏子から聞いた。

校長の許可を得て、丸庵へ二人を連れ帰る陽子。
道夫や徳子、節子や安子の優しさに触れ、徐々に打ち解けていった。

その夜、杏子は「どうしてこんな風にしてくれるんですか?」と陽子に質問を投げかける。
「あなたのことが大好きだからよ」と答える陽子。

そして、いつも応援している人がいることを忘れずに自分を大事にするよう杏子を諭した。

丸庵に杏子たちがいたのはたったの3日。
その間に千津子には昭一という遊び相手もできた。

杏子の将来の夢は本の挿絵を描く人になることだとその時に聞いた。
両親が杏子の絵を上手いと褒めてくれたから。
「なれるかな」と聞かれ、陽子は「なれるよ、きっとなれる」と応援する。

丸庵でみんながおだやかな時を過ごしていたその時、入り口から真知子が飛び込んできた。
育子が見つかったことを知らせにきてくれたのだ。

育子の無事がわかったことを喜ぶ陽子。
杏子も一郎の姉が見つかったと聞いて、「一郎君よかった」と笑顔を見せる。


その頃、育子は東京の病院で悲しい初恋をしていた。

ライン

3日間だけだったけど、この丸庵でのお休みで少しでも癒されたならいいですね。
杏子が他人の無事を素直に喜べる子でよかった。

《おひさま第70回の出演者》
井上真央・満島ひかり・マイコ・伊藤歩・ダンカン・綾田俊樹・樋口可南子・串田和美・白川由美・吉村実子・初音映莉子・大出菜々子・小西舞優・吉川史樹・高澤父母道・高橋一生・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/98-7cdc1e89

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。