スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第57回 太陽があればどこででも 第10週『今日だけの花嫁』(6月8日放送)

【おひさま 第57回あらすじ】

「失礼」と言ってつかつかと近寄り、和成の正面に座り込む育子。
和成に「陽子を幸せにする自信はあるんですか?」と問いただした。

「いえ、その自信はあまりありません」と小声で答える和成を、陽子は不安げに見つめる。

しかし、和成が「私が陽子さんといると幸せになれるんです。その自信ならあります」と
きっぱりと言うと、育子はふふふふふと笑い出した。
膝をぽんと打ち「気に入った!陽子、おめでとう」とお祝いを述べる。
陽子は困ったような嬉しいような顔でありがとうと礼を言った。

「飲もう!」と三々九度の杯を持ち上げた育子を慌てて止める和成と陽子。
真知子が「すみません」と下座に育子を引きずっていった。

そして二人は夫婦となった。みんなが笑い、踊り、和やかで楽しい宴だった。



祝言も終わり、良一と春樹も帰っていった。

そして陽子は宮澤節子(白川由美)という女性を紹介される。
節子は丸庵の向かいの床屋さんだ。

道夫曰く「この人が知ったら、もう松本中がみんな知ってるっていうことだでね。気ぃつけな」
だそうで、つまり節子は『おしゃべり』ということなのだろう。

今夜は道夫と徳子は節子の家に泊まることになっている。
和成と陽子を二人きりにしてやろうという計画だ。



夜になり、和成は家の中を案内して回った。
陽子の部屋もちゃんと用意されていたが、陽子は和成の部屋で帰りを待つことに決めた。

和成「陽子っていい名前だね。太陽の陽。僕は太陽を見て、陽子さんを思うことができる。
どこに行くかわかんないけど、世界中どこにいても太陽はあるから」

じゃあ夜はどうするのか聞かれると「夜は月子さんのことでも思い出すかな」と冗談を言う和成。

陽子の手に、和成の手が重ねられた。
そして陽子をそっと引き寄せ、抱きしめたのだった。

ライン

幸せそうな二人…v
でもこうしていられるのって一晩だけなんですよね。せつなすぎる~><

《おひさま第57回の出演者》
井上真央・高良健吾・満島ひかり・マイコ・寺脇康文・田中圭・樋口可南子・串田和美・白川由美・若尾文子(語り)


トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/78-a80664e8

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。