スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第56回 須藤家の『太陽の陽子』から丸山家の『太陽の陽子』へ 第10週『今日だけの花嫁』(6月7日放送)

【おひさま 第56回あらすじ】

陽子の結婚相手がいいヤツだと聞かされ、春樹は安堵する。

しかし、春樹の懸念は別のところにあった。
嫁に行く娘の『お父さん、長い間お世話になりました』の最後の挨拶のことだ。
陽子はいつそれを言うのか。そしてその時父は泣くのか。
この台詞を聞くために早く帰ってきたというのに。

夕飯も終わり、そろそろ、という雰囲気になる。
陽子が意を決したように「お父さん」と言ったその時、
玄関から「ごめんくださいませ」と声が聞こえた。

行ってみると、東京の桐野家の運転手・神蔵(中原丈雄)が立っていた。
富士子から預かった婚礼衣装を届けにきたのだ。
この白無垢は富士子がかつて紘子のために用意したもの。
富士子の気遣いに陽子は感激する。


白無垢を眺めていた陽子に、良一が
「陽子、長い間世話になったな、ありがとう」と話を切り出した。

「21年間、娘でいてくれてありがとう。お前と過ごした21年間、本当に楽しい日々だった。
太陽の陽子のおかげで、曇りの日は一日もなかった。本当にありがとう」
泣かないように、ぱちぱちと瞬きを繰り返しながら語る良一。
「明日からは、丸山家の太陽の陽子になるんだ。」

陽子はそれを聞いて、ぽろぽろと涙を流す。
「こちらこそ、長い間お世話になりました。お父さんとお母さんの娘で陽子は幸せでした。
ありがとうございました」

その笑顔を見て、良一も涙をこられきれずに泣きだした。

陽子「お父さん、ずるいです」
春樹「そうだよな」
良一「ずるいことがあるか、先手必勝ってやつだ」

こうして陽子の須藤家での最後の夜は過ぎていったのだった。



夜も明けて、和成と陽子の祝言の日。空は快晴だ。

丸庵の2階にぞくぞくと親族が集まってきた。
その中には真知子の姿もある。

陽子が白無垢を着て登場すると、あちこちから「綺麗」の声が上がった。
そのまま和成の隣に座る。

するといきなり障子がバーンと開けられ、怖い顔をした育子が立っていた。
育子に会うのは実に4年半ぶりのことだった。

ライン

陽子の花嫁衣裳、すっごく綺麗~v 似合ってるし^^
こんな可愛いお嫁さんをもらえて、和成は幸せ者ですね!

《おひさま第56回の出演者》
井上真央・高良健吾・寺脇康文・田中圭・満島ひかり・マイコ・樋口可南子・串田和美・中原丈雄・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/75-f8270977

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。