スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第47回 茂樹が見つめる「未来」 第8週『それぞれの朝』(5月27日放送)

【おひさま 第47回あらすじ】

名古屋帝大の春樹のところに茂樹が訪ねてきた。

大学を卒業したらどんな医者になるのかと聞く茂樹に、
春樹は安曇野に帰って村に病院を開くという将来の展望を話す。

茂樹「じゃあ須藤医院だ」
その頃兄貴は結婚して子どもがいて、お父さんはおじいちゃんに、
陽子はお嫁に…と家族の未来ばかりを予想する茂樹。

「お前は?」と聞く春樹に、茂樹は「え?オレか・・・そうだよな」と曖昧な返事しかしない。

茂樹は予科練の同期の話をし始めた。
一緒に空を飛んだ同期には死んでしまった者もいるが、最高の仲間だった。
やつらを誇りに思う。だから負けるわけにはいかないんだ、と。

そう言って唇をかみ締める茂樹の横顔をじっと見つめる春樹。

そして茂樹は自分が養子になりそうになった時の話をした。
春樹が止めてくれたおかげで楽しかったと感謝を伝えて頭を下げる。

茂樹「須藤家にいられて幸せだった。ありがとう」
春樹「やめろシゲ、怒るぞ」

そろそろ帰る時間に。
茂樹は春樹に対して敬礼をし、二人は固く握手を交わした。

春樹は茂樹の姿が見えなくなった後、シゲ、死ぬなと苦しそうな声でつぶやいた。



次に茂樹がやってきたのは有明山国民学校。

職員室に入り「海軍上等飛行兵曹、須藤茂樹です」と挨拶をすると、
「ご苦労様です!」と先生全員が起立した。

校長の許可をとり、陽子の授業を見学に行く茂樹。
そーっと教室の後ろの扉を開けて中の様子を見ていたが、生徒に見つかってしまう。

教室に入ってきた茂樹を見て陽子は驚くが、
茂樹は悪びれず「陽子先生の授業を見たくてさ。授業参観だ」と屈託なく笑った。
バカじゃないの、と怒る陽子。

海軍の航空隊にいる茂樹は子供たちの羨望の的だ。
せっかくだから何か話してもらおうということになった。

教壇に立った茂樹は、子供たちに向かって
「日本は必ず勝つ。俺に任せとけ!」と胸を叩く。

その後、陽子の小さい頃の暴露話をしようとする茂樹を陽子は必死で阻止した。

茂樹兄さんは別れを言いに戻ってきたんだ、と陽子は思った。

ライン

春樹と茂樹の会話が泣ける…><
みんながつらい気持ちを押し殺して笑顔を見せているんですね…

《おひさま第47回の出演者》
井上真央・田中圭・永山絢斗・伊藤歩・ピエール瀧・ダンカン・綾田俊樹・相澤大翔・鏑木海智・木村友治・平岡拓真・木村真那月・柴田杏花・寺本純奈・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/59-279be39d

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。