スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第46回 貧しさに耐える 第8週『それぞれの朝』(5月26日放送)

【おひさま 第46回あらすじ】

剛三は夕飯を一緒に食べると、真知子とともに帰っていった。
少しは元気になったみたいだ。



この頃、家庭にある金属を供出することが義務づけられた。
金属を集めて武器や弾薬にするのだ。

陽子の自転車も例外ではなかった。
女学校に入った時からずっと一緒だった大切な自転車に
陽子は「ありがとう」とお礼を言った。

あの自転車は何に生まれ変わったのだろうか。



世の中は暗くなっていく一方で、父親や兄などの働き手をなくした家は貧しかった。
陽子は実戦部隊に配置された茂樹や、出征したタケオのことが気がかりだ。

そんな時、事件は起こった。
教室に置いてあったヒロシの弁当の中身がなくなったのだ。
誰かが盗みを働いたという事実に教室がざわめく。

陽子は涙声で生徒たちに訴える。
誰がやったのかは聞かない、知りたくない、と。

そして「みんな辛いね、しんどいよね」と語りかけた。
「先生が一番悲しいのは、その人が今ドキドキしていることです」と言う。

その子が明日から学校に来るのがイヤになってしまうのではと危惧しているのだ。
陽子としては、学校はみんなに会うのが楽しい場所であってほしいのである。

陽子「その人の代わりに先生が謝ります。ごめんなさい。だから許して」
ヒロシは泣きながらうなずいた。

その時、圭介が立ち上がった。
やったのは自分だと、ヒロシに対して深々と頭を下げた。

しかし、本当は圭介ではないと陽子にはなんとなくわかっていた。


陽子が家に戻ると、そこにケイコが立っていた。
「先生、ごめんよ。オラ…オラ…」とひたすら謝るケイコ。

陽子はケイコを抱きしめる。「もういい、もういいよ。偉いよケイコちゃん」
ケイコは父親が招集され、母親は身体が弱く、食べるものに困っていたのだ。

圭介が自分が犯人だといったのは何故か。
実は、教室でケイコが盗み食いをしていた時に、偶然圭介が入ってきて見てしまったのだ。
圭介は何も言わずに教室を出て行ったけれど。


それから10年ほどして圭介とケイコは結婚した。

ライン

「人のものを取ってはいけない」それは当たり前のことなんだけど…
このような状況だと胸が痛みますね。

《おひさま第46回の出演者》
井上真央・マイコ・田中圭・永山絢斗・寺脇康文・伊藤歩・ピエール瀧・ダンカン・平泉成・綾田俊樹・相澤大翔・鏑木海智・木村友治・平岡拓真・木村真那月・柴田杏花・寺本純奈・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/58-2e42e082

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。