スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第44回 おひさまがまた笑えるように 第8週『それぞれの朝』(5月24日放送)

【おひさま 第44回あらすじ】

なんでウチなんだ、と嘆くハル。
タケオは要領悪くて兵隊には向いてないのに。死んじゃうよ、と。

それに対してタケオは「オレ、嬉しかったんだ」と言った。

タケオの言い分はこうだ。

徴兵検査で同じくらいの男が大勢いる中、一発で甲種合格と肩をたたかれた。
後ろにいたヤツは丙種と言われて泣いてた。
オレ馬鹿だから、合格って言われるとなんか嬉しい。
合格なんて、ガキの頃から言われたことなかったから。

頭が悪いからよくわかんないけど、お国のために働けるっていうのはやっぱり嬉しい。
教官みたいな人にニッポンを頼むって言われたんだ。「わかりました」って答えた。
後ろにいたヤツの分まで頑張って戦ってこようと思う。

そう話すタケオは笑顔で、本当に嬉しそうだった。

「オレ間違ってるかいね、おじさん」と聞くタケオに、良一は首を横に振る。
そして「尊いと思うよ、タケオくんの気持ちは。間違ってなんかいないよ」と言った。

「お母さんの気持ちもわかってやれ」という良一の言葉にうなずくタケオ。


また泣き出したハルを落ち着かせるため、タケオは陽子の部屋に行くことに。
あんなに近くにいたのに、部屋に入るのは初めてだ。

哀しそうな顔をする陽子に「このところ陽子らしくない」とタケオは言った。
ガキの頃みたいに笑わなくなったと言うのだ。

おひさまが笑わなくなったら世界は暗くなってしまうから、
「陽子がまた笑えるように、ちっとでも早く戦争に勝って、早く終わらせるために、
オレ戦ってくるよ」とタケオは宣言した。

タケオ「なんかさ、今のちっとだけよかったな、陽子先生」
陽子 「うん、とってもお上手でしたよ、タケオくん」
タケオ「だよな~」
ようやく陽子がわずかに微笑んだ。

母親を連れて帰ろうとタケオは部屋を出たが、次の瞬間に階段から転げ落ちてしまった。

それでもタケオは笑っていた。
「大丈夫、大丈夫、甲種合格だからさ」とつぶやきながら。


それから数日後、タケオは村中の人に見送られて出征していった。
とても誇らしげな顔つきだった。


学校の教室で、夏子先生がタケオからの手紙を握り締めて泣いていた。
教師になった時には教え子を戦地へ送り出すなんて思っても見なかった、と。


陽子が学校から戻ると、家の前に真知子が立っていた。
4年ぶりの再会だった。

ライン

どうしてそこで告白しないんだタケオ…!
まぁ、生きて帰ってこれるかわからないんだから
告白しても陽子を困惑させるだけだろうし、それで正解なのかもしれないけど。

そうそう、タケオは「武男」って漢字があったんですね。初めて知りました。

《おひさま第44回の出演者》
井上真央・伊藤歩・マイコ・柄本時生・寺脇康文・角替和枝・村松利史・犬塚弘・斉藤由貴・若尾文子・《八木優希・荒川ちか・勝隆一》(回想)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/54-d0701dac

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。