スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第41回 物は大切に! 第7週『教室の太陽』(5月20日放送)

【おひさま 第41回あらすじ】

昭和16(1941)年、秋。

陽子が国民学校の教師になって半年が過ぎた。

『物を大切に』という授業でのこと。
陽子は生徒たちに「物を大切にしない、粗末に扱うということは、
人の気持ちを大切にしない、粗末に扱うことと同じ」と説明する。

だからみんなにはどんな物でもちゃんと大切に使ってほしい、と。


今日は夏子先生が研修で松本へ行く日。
そのため放課後の雑用は陽子一人でやらなければならないが、
福田先生に初等科の修身指導案を作ってほしいと頼まれてしまった。
しかも提出期限は今日の帰りまで。

お昼休みに陽子がお弁当を食べようとしたら、教室でケンカしていると報告があった。

ケンカしていたのは圭介(平岡拓真)とヒロシ(木村友治)。
理由は陸軍航空隊と海軍航空隊はどっちが強いかというものだった。
圭介は海軍派、ヒロシは陸軍派だ。

陽子はどっちも強い、どっちも仲間なんだからと二人をいさめる。
結局、この騒動で陽子はお昼を食べそこねてしまった。


授業が終わり、後は掃除だけとなったが、またまた騒ぎが起こった。
幹太(相澤大翔)が戦争ごっこをしてバケツを壊してしまったのだ。
陽子はバケツを自分で直してから帰りなさい、と幹太に命じる。


陽子が雑用をこなして指導案を書き上げるともう辺りは真っ暗。
おなかをすかせたまま、家路をたどった。

陽子はいらいらしていた。
何かを忘れているのだが、思い出せなくて気持ちが悪かった。

夕飯を用意している途中でバケツにけつまづいた陽子。
「バケツ…まさか…大変!」

陽子は慌てて自転車で学校に向かった。

ライン

まぁ、おなかがすいてると集中できませんよね。

それにしても、中村先生と福田先生は
自分が代用教員であることにかなりのコンプレックスを持ってるみたい。
どうにかならないのかなー。

《おひさま第41回の出演者》
井上真央・伊藤歩・ピエール瀧・ダンカン・綾田俊樹・相澤大翔・鏑木海智・木村友治・平岡拓真・木村真那月・柴田杏花・寺本純奈・寺脇康文・若尾文子(語り)


トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/50-791c7ff5

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。