スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第2回 安曇野の自然 第1週『母のナミダ』(4月5日放送)

【おひさま 第2回あらすじ】

昭和7年(1932年)10月

安曇野に来て1ヶ月。

陽子(八木優希)たちはすっかり村に慣れ、
良一は製糸工場の主任の仕事についていた。

『月の沙漠』を歌いながら散歩する紘子と陽子。
アルプスの山の水が溶けて流れる水の音に、紘子は
「ここから命が始まって、それが流れに乗って繋がっていくのよね」と命のすごさを陽子に語る。


小学校の級友・ユキ(荒川ちか)は頭がよくて陽子の憧れだが、
お弁当を持ってこられないほど家は貧しい。

そのせいで、ユキは小学校卒業後は奉公へいくよう
父親に強く言われているのだ。

本当はユキは担任の夏子(伊藤歩)みたいな先生になるのが夢なのに…

女学校へ行くのが当たり前だと思っていた陽子はショックを受けて涙ぐむ。
このとき陽子は初めて理不尽な「社会」というものを知ったのだった。

ライン

陽子って家族全員のお弁当を作ってるんですね。
まだ10歳なのにえらいなー。

それと、春樹の夢はお医者さんだそうです。
やっぱりお母さんの病気を治してあげたいと思ったのかしら。


続きが気になりますが、
明日から家を空けるので次の更新は週明けになります。

《おひさま第2回の出演者》
八木優希・原田知世・寺脇康文・中川大志・渡邉甚平・伊藤歩・角替和枝・村松利文・荒川ちか・勝隆一・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/5-19a2072b

コメント:
中川大志君がとても可愛い!
もっと出してほしいです ❤
[2011/04/10 10:07] | 匿名 #- | [edit]
> 匿名さん

大志君、すっきりした顔立ちしてますよねー。
子役なので出番が少ないのが私も残念です。
[2011/04/10 17:11] | RIN #- | [edit]
斉藤由貴と若尾文子の会話を途中で入れるのは
鬱陶しいだけです

一番最後に’こんな時代だったのよ’と一挙に放送するのなら
ともかく小刻みに入れられると見る気が失せます

娘は真央ちゃんのファンでしたが
斉藤由貴と若尾文子の下手な演技に嫌気がさして
見るのをやめてしまいました

私も寺脇さんが出なくなったら見なくなるかもしれません

今日のようにドラマと全く関係のないような
ドラマでの斉藤由貴の家族は特に不要です

’てっぱん’が面白かったので
そのまま連続テレビ小説をみてますが
何か残念な仕上がりです
[2011/05/16 09:45] | 寺脇ますみ #- | [edit]
>寺脇ますみさん

ご来訪ありがとうございます。


> 斉藤由貴と若尾文子の会話を途中で入れるのは
> 鬱陶しいだけです

現代の陽子が自分の半生を振り返る、というドラマ設定である以上、
この二人が出てくるのは仕方がないですよね。

確かに出てくる回数は多いし、
斉藤由貴はそこまでテンション上げなくても…とは思いますけど。
[2011/05/16 21:29] | RIN #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2011/08/09 23:42] | # | [edit]











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。