スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第40回 蜂の子大好き陽子先生 第7週『教室の太陽』(5月19日放送)

【おひさま 第40回あらすじ】

先生、とすすり泣く声で、陽子は目覚めた。
生徒たちが泣きながら陽子を覗き込んでいる。
陽子は子供たちを安心させるために、頭のたんこぶをさわらせると、
ようやく生徒たちに笑顔が戻った。

陽子が職員室へ戻ると、中村先生が神妙な顔つきで近寄ってきた。
「すみませんでした」と陽子に謝る。

しかし陽子が「私が悪いんですから」と言うと、
中村先生は「そうですよねぇ」と安心したように笑った。

さっきの陽子先生はすごい形相だったという中村先生に
「子供を守るためだったら鬼にだってなります」と言い返した陽子。

でも中村先生は「好きで子供たちを痛めつけてるわけじゃない」と主張する。
戦地に行ったら一挙手一投足が生きるか死ぬかに関わるんだから、
今厳しく教えるのはあの子のためなんだと言われ、陽子はしぶしぶ引き下がった。

陽子がそっと四年白組の教室を覗くと、クラス全員でミチオに海軍体操を教えていた。
みんなの協力のおかげで、ミチオもどうにか克服できそうだ。



桜が散る頃、家庭訪問が始まった。
訪問先でお茶うけに蜂の子を出された陽子。
本当は蜂の子が少し苦手だというのに、つい「美味しい」と言ってしまう。

そのおかげで、陽子は行く先々で蜂の子のおにぎりや蜂の子ご飯を食べることに。
”陽子先生は蜂の子が好物だ”と村中の噂になってしまった。


教室で泣いているハナ。
理由を聞くと、家は貧乏だから陽子先生の好きな蜂の子が出せない、と。
陽子は「大丈夫、もう泣かないの」と慰める。

ハナの家。
母親が、小さな壷から陽子の手のひらに少量の白い粉を乗せた。
「これ、ちぃとばかりだけんど」

陽子はそれを口にひとつまみ含む。
それはどんな高級なお菓子より甘くて美味しかった。

ライン

↑これ、砂糖なんでしょうか?

《おひさま第40回の出演者》
井上真央・伊藤歩・柄本時生・ピエール瀧・ダンカン・綾田俊樹・三鴨絵里子・中込佐知子・相澤大翔・鏑木海智・木村友治・平岡拓真・木村真那月・柴田杏花・寺本純奈・若尾文子(語り)


トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/48-577a811d

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。