スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第38回 将来の夢 第7週『教室の太陽』(5月17日放送)

【おひさま 第38回あらすじ】

学校の雑用はほとんど女性教師の役目で、陽子はとても忙しかった。
職員室の掃除や片付け、宿直室の布団の用意なども。

家に帰って夕食を作り、それを片付けた後がようやく自由時間になる。
陽子は寝る間を惜しまずに授業の練習をした。

どんなに大変でも、子供たちの顔を見ればすべてふっとんだ。
この子達のためなら何でもできる。それはまるで母親のような気持ちだった。


ハナという子は家が貧しくてお弁当を持って来れなかった。
だから陽子はハナの机の中にそっとおにぎりを入れたりもした。

しかしそのことが他の生徒たちにばれてしまい、みんながハナをうらやましがった。

そして、次の日は誰もお弁当を持ってこなかった。みんな、陽子のおにぎりが食べたいのだ。

陽子は困り果て、あるアイディアを思いついた。
みんなで食べられる野草を集めて、雑炊をつくろうというのだ。一種の課外授業である。
出来上がった雑炊は好評で、和気あいあいとしたお昼ごはんとなった。



「私の夢」を発表する授業でのこと。

生徒たちの夢は飛行兵や従軍看護婦など、すべて戦争に関係のある職業だ。

陽子も夢を聞かれ「先生がおばあちゃんになったら、それでもみんなと仲良くしていられたら
いいなぁって思う」と答えた。

「そうやってみんなといつか会えるといいな」と陽子が言うと、
ひとりの男子生徒が「それは無理だと思います」と言った。

「僕たちはお国に命を捧げる覚悟だから、そんなに生きてはいないと思います」

そのきらきらと輝く綺麗な瞳を、陽子は今も忘れられない。

ライン

陽子と生徒たちとの関係は良好のようですね。

《おひさま第38回の出演者》
井上真央・伊藤歩・ピエール瀧・ダンカン・綾田俊樹・相澤大翔・鏑木海智・木村友治・平岡拓真・木村真那月・柴田杏花・寺本純奈・寺脇康文・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/46-4c99b3dd

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。