スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第30回 未来への関門 第5週『失恋』(5月7日放送)

【おひさま 第30回あらすじ】

受験シーズンまっさかりとなった。

まず最初が松本で茂樹の試験があり、続いて東京の育子。
少し間が空いて、松本で受験する陽子という順番だ。

茂樹が松本へ向かう朝、
試験に勝つ!という縁起を担いで、朝食にカツを出した陽子。
茂樹はお守りを持ち、明るく家を出て行った。



受験で一悶着あったのが育子のところ。

真知子の家にやって来た育子が、試験受けられないかも、と言ったのだ。

親に東京女子大を受けることは許してもらったが、
問題は試験日から合格発表まで東京にいなければならないという点。

娘ひとりでそんなに長く東京に居させられない、心配だというのだ。

東京には親戚も親しい人もいない。
育子の家は商売をしてるから、一緒に行ってくれる人はいないし、
弟妹もまだ小さくて無理だ。

育子が困り果てている様子を見て、真知子は
「私にまかせて」と部屋を出て行き、電話をかけ始めた。

真知子が電話をしている間、育子たちの話は陽子の受験科目のことに移った。
陽子の裁縫は相変わらずなので、他で点数を稼ごうという作戦だ。
音楽と体育もあるが、長距離走とか鉄棒なら自信がある。

真知子が嬉しそうに部屋に戻ってきた。
「育子さん、私と一緒に行きましょ、東京」

真知子が見張り役という条件で、育子の親の了承を得ようというのだ。
真知子の父・相馬剛三の知り合いの家に泊めてもらう算段もつけた。

剛三は安曇野の大地主。
この人物の頼みごとを断れる者は安曇野にはいない。

感激し、何度もお礼を言う育子。

父親に反対されなかったのか、と真知子に尋ねると、
「ダメならパーマネントをかけます」と脅したそうだ。
「頼むからそれだけは勘弁してくれ」と言われ、許してくれたらしい。

真知子の父のパーマネント嫌いのおかげで、
育子と真知子は無事に東京へ行けることになったのだった。



夕方の須藤家。時計を見て落ち着かない様子の陽子。
そこへ茂樹が帰ってきた。
「合格しました」と合格証書を見せる茂樹。
お祝いは陽子と一緒にしようということに。


東京の受験が終わり、二人が帰ってきた。
育子は笑顔で「私、東京へ行くよ」と陽子に宣言する。


そして陽子の番が来た。

ライン

この頃の受験って結果が出るまでいないとダメなんですねー。
ちょっとめんどくさい^^;

真知子はストレートのままでいいと思いますね。
それにしても真知子のあの狐の襟巻き、今ではなかなか見られない感じ。


《おひさま第30回の出演者》
井上真央・満島ひかり・マイコ・永山絢斗・寺脇康文・若尾文子(語り)

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/37-4ca8ebbd

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。