スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第24回 誰もが誰かを想ってる 第4週『母の秘密』(4月30日放送)

【おひさま 第24回あらすじ】

朝、女学校へ向かう陽子たち三人。
おできができたとかで、育子が顎に大きな絆創膏を貼っている。

陽子が預かっていた本を手渡すと、真知子はとても大事そうに表紙をなでた。


帰りにいつものように村上堂に立ち寄ろうとしたが、
真知子は早く本を読みたいからと言って立ち去る。

村上堂で育子に相談する陽子。
春樹の気持ちを真知子に伝えるべきかどうか。

育子「それはダメだと思う、陽子。絶対に」
人の運命を変えるかもしれないことを勝手にしてはいけないと思うからだ。

育子のその言葉に陽子は納得する。


真知子の部屋。
詩集の表紙をめくるとそこには一通の手紙が。
『真知子さんがお好きなのではと思ひ陽子に託します 須藤春樹』

結局、春樹と真知子はお互いに好きという気持ちを伝えることはなかった。


再び村上堂。
陽子が育子に「何かあった?」と尋ねた。いつもと違う、と。
それでしょ、と陽子は育子の顎に貼ってある絆創膏を指差す。
育子が絆創膏をはがすと、顎が赤くなっていた。

東京女子大学を受験したいと父親に言ったら猛反対されたそうだ。
娘が一人で東京に行くなんてとんでもないと。

しかしこの顎は父親に殴られたわけではない。
怒った育子の父がちゃぶ台を蹴飛ばし、
壁にぶつかって割れた茶碗が育子に当たってしまったとのこと。

それを見た父は驚き、とても悲しそうな顔をしていたそうだ。
私が家出したりしたら、もっと悲しい顔をするのかな…そう思うとどうすればいいのかわからない。
「もっとイヤな親だったらいいのに。最低で大嫌いな親だったらいいのに。そしたら平気で家なんか飛び出しちゃえるのにな」

「でもどうしても行きたい。どうしたらいい?陽子」
泣きながら訴える育子を陽子はぎゅっと抱きしめた。

ライン

育子も父親が好きだから悩むんですよね。

自分で自分の生き方を見つけられたのは親として喜ぶべきだと思うけど、
娘のことを心配する親心もわかるし…

難しいなぁ。

《おひさま第24回の出演者》
井上真央・満島ひかり・マイコ・田中圭・渡辺えり・斉藤由貴・若尾文子


トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/31-445dec43

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。