スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第73回 心に太陽を持て、と春樹は言った 第13週『帰郷』(6月27日放送)

今日の分はいつもにも増して長くなってしまったので、途中で折りたたみました。
ライン
【おひさま 第73回あらすじ】

昭和20年7月。

良一(寺脇康文)が名古屋から戻ってきた。
敵からの爆撃を避けるため、名古屋の工場が松本へ疎開してきたのだ。

良一はいつもと同じ優しい笑顔をしていたが、少し疲れていたように見えた。
でも陽子(井上真央)は嬉しかった。いつでも会える場所に戻ってきてくれて。

その夜、丸庵に楽しい笑い声が響く。
良一の勤務先が松本ならこの家に来ればいいと道夫(串田和美)が提案した。
徳子(樋口可南子)も賛成するが、良一は図々しいことはできないと遠慮した。

「父は母のそばにいたいんだ思います」と助け舟を出した陽子に
丸山のお義母さんに似てきたな、と良一は言った。

「ええ!?」と驚く徳子と陽子。
それはズケズケ言うとか遠慮がないという意味なのかと徳子が問いただす。
良一はたじたじだ。


父と一緒に安曇野の家へ行った陽子。
部屋の隅に、春樹が置いていった本の包みを見つける。

居間で良一は陽子に「この家の未来を知ってるか?」と尋ねた。
名古屋で春樹が話してくれた医者としての将来。
安曇野のこの家で、春樹が須藤医院を開くという夢を。

良一「あいつはいい医者になるだろうな」
陽子「そうなったらお母さん喜ぶわね、そうなったら」

医院の間取りを考えたり、その頃の春樹の姿を思い浮かべたり。
二人はとても幸せな気分だった。


郵便配達の途中の真知子(マイコ)。自転車で転び、手紙を道にばら撒いてしまう。
慌てて拾い集めて泥を払い落としている時、一枚のハガキに目を留めて顔色を変えた。

ごめんください、と玄関から真知子のか細い声が聞こえた。
手紙を良一に手渡すと、すぐに立ち去ろうとする真知子。何か様子が変だ。

手紙の束の中に、茂樹(永山絢斗)からのハガキがあった。
目でその手紙を読む良一の顔がみるみるうちに強張っていく。
良一はハガキを見つめたまま、力が抜けたようにすとんと椅子に腰を下ろした。

「お父さん?」といぶかしげに声をかける陽子に、良一はハガキを渡す。

それは春樹の乗った潜水艦が撃沈され、戦死したことを知らせる内容だった。
陽子は潜水艦の撃沈という言葉があまりにも現実離れしていて、涙が出なかった。
検閲のため、茂樹の手紙が事務的に書かれていたことがかえって悲しかった。

仏壇の紘子の写真を見つめる良一。
陽子は、さっき見つけた春樹の本の中に『心に太陽を持て』というタイトルの本を見つける。

陽子は、春樹がこの詞が好きだと話してくれたときのことを思い出した。
その時には茂樹もいた。
こんなことになろうとは夢にも思わなかった、幸せだった過去。

『心に太陽を持て』

心に太陽を持て。
あらしが ふこうと、
ふぶきが こようと、
天には黒くも、
地には争いが絶えなかろうと、
いつも、心に太陽を持て。

くちびるに歌を持て、
軽く、ほがらかに。
自分のつとめ、
自分のくらしに、
よしや苦労が絶えなかろうと、
いつも、くちびるに歌を持て。

苦しんでいる人、
なやんでいる人には、
こう、はげましてやろう。
「勇気を失うな。
くちびるに歌を持て。
心に太陽を持て。

       <ツェーザル・フライシュレン著、山本有三訳>

その表紙にすがって、陽子はとめどなく涙を流し、声を上げて泣いた。

ライン

春樹の戦死の知らせが来てしまいました><
これが間違いだったらどんなにいいか。
偶然に助け出されたとか、そんな奇跡は起きないかな…

でも茂樹の手紙には『潜水艦で戦死した』とは書いてないですよね。
『乗艦が消息を絶った』っていうのは行方がわからないってことじゃないのかしら。

それにしても、陽子や良一はもとより、一番最初にそれを知った茂樹のショックはいかばかりか…
とても胸が痛いです。


↓茂樹の手紙文。だいたいこんな感じですね。

長らくお便りできず申し訳ありません。
お父さんそして陽子にもお伝へすることがあります。
本日、分隊士の大野少尉が私に教へて下さゐました。
春樹兄さんの乗艦が消息を絶ったとの事です。
大野少尉と兄さんとは帝大の同窓でした。
そのご縁で特別にお知らせくださゐました。
兄さんはお国のために立派に働かれました。
私も遅れを取るまゐと思ひます。
日本の勝利を確信しつつ。  敬具  茂樹


…日本の勝利なんて来ないよ、とは戦後を生きる私たちだから言えること。

《おひさま第73回の出演者》
井上真央・満島ひかり・マイコ・田中圭・永山絢斗・寺脇康文・伊藤歩・樋口可南子・串田和美・若尾文子(語り)・原田知世(写真)・《中川大志》(回想)・

トラックバック:
トラックバック URL:
http://ohisamafan.blog.fc2.com/tb.php/102-db56a1b5

コメント:











管理者にだけ表示を許可する
<< topページへこのページの先頭へ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。