スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)

「スタジオパークからこんにちは」に伊藤歩、「土曜スタジオパーク」に高良健吾が出演予定

■7月8日(金)13:05~13:55 NHK総合
「スタジオパークからこんにちは」に高橋夏子役の伊藤歩さんが出演予定!


■7月9日(土)14:00~15:00 NHK総合
「土曜スタジオパーク」に丸山和成役の高良健吾さんが出演予定!

ゲストに俳優の高良健吾さんをお迎えし、連続テレビ小説「おひさま」を特集します。ヒロインの夫・丸山和成を演じる高良さんにドラマの魅力や撮影の舞台裏についてたっぷりとお話を伺うとともに、過去の秘蔵映像など盛りだくさんの内容でお送りします。
                   <「土曜スタジオパーク」公式サイトより引用>


※予定は変更になる場合があります。
スポンサーサイト
カテゴリ :おひさま ニュース トラックバック:(-) コメント:(-)

おひさま第77回 「ただいま」ただそれだけで 第13週『帰郷』(7月1日放送)

【おひさま 第77回あらすじ】

日本が負け、教師が子供たちに教えることも変化した。
だからといって今までのことがなかったことにするのは無責任ではないか、と陽子は悩む。

でも夏子は絶対に私は辞めないと言う。責任があるから、と。
陽子にも、責任を感じているなら辛いほうを選ぶようアドバイスする。
自分たちのように世界や社会のことを何も知らず、泣かされてしまうような人を作らないこと。
それが教師のこれからの仕事なのだと。

夏子は「しっかりする!」と言い放ち、陽子のお尻に今までで一番痛い一発をお見舞いした。



進駐軍の視察が有明山国民学校に来た。
通訳として同行しているのは飯田先生(近藤芳正)だ。

職員室で軍国主義教育について責任を追求される梅田校長。
国の命令でしかたなくやったことだ、と夏子が反論するが、
間違っていると思うんなら拒絶するべきだったと反論される。

進駐軍が興味を持っているのは、国民学校になってから教育に携わった者だという。
飯田は教師名簿をめくり、陽子の名前を読み上げた。

「丸山は私です」と陽子が名乗ると、つかつかと近寄ってきた。
すると飯田が英語で『彼女は私の生徒だ。英語を、アメリカを愛していた優秀な生徒だった。
私を信じてくれ』と、そう必死で訴えた。

飯田の言い分を聞き入れ、引き下がる進駐軍。

帰り際に陽子が「飯田先生」と声をかけると、
「オクトパスでいいですよ」と言って、タコのように口をとがらせて見せた。

こうして陽子の首はかろうじて繋がったのだった。

おひさま第77回 「ただいま」ただそれだけで 第13週『帰郷』(7月1日放送) の続きを読む

カテゴリ :おひさま 週別あらすじ■第13週「帰郷」 トラックバック:(-) コメント:(-)
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
プロフィール

管理人のRINです。
おひさまを見るのが毎日楽しみ!

おひさま DVD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。